#14

The Kids are Alright

The Kids are Alright

ついに、伝説の音楽プロデューサー・トビーと出会う。あまりの衝撃に困惑するキャロル&チューズデイ。一方、順風満帆なアンジェラには、不穏な影が忍び寄る。
そんな中、バイト中にヴァレリーの取材をする謎のジャーナリスト・カイルと出会い、困惑するチューズデイ。そして、先日出会ったダンに、再度助けられたキャロルは徐々に心を通わしていく。デビュー曲のレコーディングもスタートした二人は、果たして…。

Upon finally meeting the legendary music producer Tobe, Carole & Tuesday are somewhat taken aback. The girls begin recording their debut song. Meanwhile, the ever successful Angela is stalked by a suspicious figure.
In between these events, Tuesday meets Kyle, a mysterious journalist doing a story on Valerie, and Carole gradually opens up to Dann after he helps her out of another tight spot.

STAFF

  • 脚本:赤尾でこ
  • 絵コンテ:板村智幸
  • 演出:村田尚樹
  • 総作画監督:紺野直幸
  • 作画監督:水畑健二斉藤英子本城恵一朗石野聡斉藤香
  • 音楽シーン総作画監督:斉藤恒徳
  • 音楽シーン作画監督:近藤圭一
  • Screenplay : Deko Akao
  • Storyboards : Tomoyuki Itamura
  • Director : Naoki Murata
  • Chief Animation Director : Naoyuki Konno
  • Animation Director : Kenji Mizuhata, Eiko Saito, Keichiro Honjo, Satoshi Ishino, Kaori Saito
  • Music Scene Chief Animation Director : Tsunenori Saito
  • Music Scene Animation Director : Keiichi Kondo
#14「The Kids are Alright」(ザ・フー)
イギリスのロック・バンド、ザ・フーの65年のデビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』に収録された一曲。モッズと呼ばれる当時の労働者階級の若者たちのハートをがっちりつかみ、ザ・フーの代名詞的な曲となった。
#14「The Kids are Alright」(The Who)
A song from British rock band The Who’s 1965 debut album, My Generation. This song thoroughly captured the hearts of the Mods, a subculture of young, working class Britons at the time, and eventually become a byword for The Who.