ベニー・シングス

Photo by Takuroh Toyama

ベニー・シングス Benny Sings

ベニー・シングスの音楽を表すとするならば、親しみやすいディズニーのようなヒップホップだ。 70~80 年代を彷彿させる彼の明るいメロディは、ジャンルでいう AOR やヨット・ロックと言われがちである。 ただ彼の音楽はレトロなものだけではない。彼の 90 年代後半の R&B ビートや、なめらかな音づくりを駆使 していろんな感情を表現する音楽は、単なるサウンドトラックではなく、まるで独創的な喜劇のようだ。

ベニーがデビュー・アルバムとして 2003 年にリリースした、『Champagne People』は世界中のヒップホップ やソウル界隈の注目を浴びた。2005 年には『I Love You』、2007 年には『ベニー…アット・ホーム』、そして 2011 年には『アート』と次々と作品をリリースし、彼のリスナーはフランス、アメリカ、日本を筆頭にどんどん 拡大していった。その結果、国外での売り上げや全世界でのラジオ放送数も伸びていった。このころまでは 一人での制作がメインであったが、これ以降の作品はコラボ作品が増えていく。2015 年にリリースした『ス タジオ』ではゴールドリンク、メイヤー・ホーソーン、ザ・ステップキッズなどとタッグを組み、アメリカで話題の NPRのTiny Deskにも出演。それほど表舞台には出てこなかったが、少しずつライブの活動も増えていき、 小規模なソロツアーをアメリカ、ドイツ、フランスで開催。さらにはメイヤー・ホーソーンのサポートとしてヨー ロッパツアーも回った。ベニーは日本との親交も深く、毎年 Billboard Live Tokyo でライブを行っているほか、 多くの日本人アーティストやブランドとのコラボも積極的に行っている。

ベニーはソロ活動のみならず、プロデューサー・作曲家としても積極的に活動しており、レックス・オレンジ・ カウンティ、モッキー、ザ・フリー・ナショナルズ、BEA1991、メイヤー・ホーソーン、ゴールドリンク、 MNDSGN、DATA、4Hero、安藤裕子、スキマスイッチ、インステューペンドなど数多くのアーティストのプロ デュースや作曲を手掛けている。また CM や映画の音楽なども多く手掛けており、キリン、ルイ・ヴィトン、 BMW、ユニクロ、Citroenなどの企業のCM音楽も担当している。彼のソロ作品もHBOの『Girls』やNetflix の『Easy』、TV Land の『Nobodies』などの番組に使用されている。2017 年、ベニーはアニメ作品 『Zeezucht』の音楽を手掛け、見事 Zabut Award 2017 を受賞した。

ベニーの 2018 年リリースの最新作、『シティ・メロディ』(アメリカでは 2019 年に『City Pop』というタイトルで Stones Throw レーベルよりリリース)でもコラボ作品がこれまで以上に収録されている。2016 年の前半か ら2017年夏までの期間、アムステルダム、東京、ロサンゼルスで制作を行い、各所著名なアーティストとの コラボを実現した。結果、今作はこれまでより生き生きとしつつバランスのとれた作品に仕上がった。キック やスネアのミックスは原点に戻り、儚いロマンを感じさせつつこれまでにないほど彼自身を主張した内容と なっている。大胆にベニーのユニークなサウンドアプローチを取り入れたことで、『シティ・メロディ』は彼のこ れまでの集大成となっている。

Benny Sings’ music could well be described as intimate lo-fi Disney hip hop songs. The terms AOR and Yacht Rock are often used to define his sunny 70’s and 80’s melodies. But it’s not all retro: Benny’s happy-sad songwriting, late ‘90s R&B beats and buttery production shape a sound bringing to mind the soundtrack to a just released indie comedy.

His debut album in 2003, Champagne People, caught the attention of specifically the independent urban artsy hip hop and soul crowd worldwide. During the following decade more albums followed: I Love You in 2005, Benny… At Home in 2007 and Art in 2011. Benny kept his fan base growing (especially in France, the US and Japan), boosting international sales and radio airplay globally  BBC Radio 1 & Radio 6 (Gilles Peterson), BBC Radio 2 (Jamie Cullum), KCRW Los Angeles (Anthony Valadez), Radio Nova (Paris), Beats1, and Studio Brussel (Lefto).Having worked mostly by himself up until then, his following album showed a more collaborating Benny Sings. On STUDIO (2015) he worked together with Goldlink, Mayer Hawthorne and The Stepkids, which led him to perform at NPR’s Tiny Desk. Even though not really being a stage animal, Benny toured quite a bit: doing lots of small solo tours in the US, Germany and France plus an extended European tour supporting Mayer Hawthorne. Benny built a special relationship with Japan, performing at the Billboard Live clubs every year, and working with many Japanese artists and brands.

Besides his solo work, Benny collaborates, produces and writes a lot with other artists, such as Rex Orange County, Mocky, The Free Nationals, BEA1991, Mayer Hawthorne, Goldlink, MNDSGN, DATA, 4Hero, Yuko Ando, Sukimaswitch, Instupendo and many others. Benny also writes for commercials and films on a regular basis. Among others he was commissioned by brands such as Kirin, Louis Vuitton, BMW, Uniqlo and Citroen. His original Benny Sings songs have been synced for shows like Girls (HBO), Easy (Netflix) and Nobodies (TV Land). He recently won the Zabut 2017 Award for Best Original Soundtrack, for the music he did for the animated film Zeezucht.

For his latest album, City Pop (planned early 2019, release via Stones Throw), Benny again did more collabs. Writing, recording and producing between early 2016 and the summer of 2017 in Amsterdam, Tokyo and LA, he worked with a lot of exciting names in the international music industry. The result: a more lively and balanced album than the previous ones. Benny returns to his original base of kicks and snares mixed with fragile romanticism, but with more confidence than he’s ever showed. Daring to put his unique songwriting talent on display, he turned City Pop into his best work up to date.

http://www.bennysings.com/