本作を彩る劇伴(BGM)を担当するのは・・世界の音楽シーンで活躍する音楽家

The artist in charge of creating the score for this anime is none other than…
Mocky, a musician active in music scenes all over the world!

Mocky Mocky

モッキー (本名: ドミニク・サロレ)はカナダ出身の音楽家。
コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、ベースとドラムを主軸に様々な楽器を弾くマルチプレイヤー、ラッパー…と様々な側面を持つアーティスト。

チリー・ゴンザレス、ファイスト、ピーチズとは渡欧前からの盟友。
彼らの協調関係から生まれた多くの作品はここ日本でも広く知られるところ。
ジェイミー・リデル、ジェーン・バーキン、アブダル・マリック、メリッサ・ラヴォーなどヨーロッパを活動の拠点にしていた頃に携わった作品も数多い。

ノスタルジックなようでいてフューチャリスティック、時間を貫くタイムレス感。
時代を彩った歴史上の様々な大衆音楽を内包しているかのような楽曲に滲む歴史観、多様な音楽を横断、折衷、飛躍する作風の妙味は極めて新鮮かつ現代的。 音楽の秘密の鍵を手にした数少ない音楽家の一人といってよいだろう。

現在の活動の拠点はロサンゼルス。
ジョーイ・ドーシック、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ケレラ、モーゼス・サムニー、ペガサス・ウォーニング、ニア・アンドリューズなどLAの音楽シーンの活況を伝えるアーティストたちとの協調は現在の音楽シーンを潤している。

2009年に発表されたアルバム「Saskamodie」はここ日本でも多様な音楽ファンに広く愛され、ゴンザレスの「ソロ・ピアノ」と並ぶロングセラーとなった。 2015年10月に初来日し、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパンに出演後、五都市を巡る日本ツアー、各地でそのライヴ・パフォーマンスの魅力が評判となる。
2016年5月には早くも再来日を果たした。
2018年11月、最新作「A Day at United」をリリース。

Mocky (real name Dominic Salole) is a Canadian musician. A man of many musical talents, he’s a composer, arranger, producer, rapper, and multi-instrumentalist who’s especially skilled with the bass and drums.

He’s been close friends with Chilly Gonzales, Feist, and Peaches for years, and many of their collaborative works are known worldwide. During his time in Europe, he also worked with many other artists including Jamie Lidell, Jane Birkin, Abd al Malik, and Mélissa Laveaux.

Nostalgic yet futuristic, his music evokes a sense of timelessness. The beauty of his style lies in the way he blends and enhances a diverse range of music, which makes his songs extremely fresh and contemporary, yet contain a sense of history as if incorporating popular tunes from across the ages.
One might say that he is one of the few musicians to hold the secret key to music.

Currently, he’s based in Los Angeles. His collaborations with artists like Joey Dosik, Miguel Atwood-Ferguson, Kelela, Moses Sumney, Pegasus Warning, and Nia Andrews have greatly enriched the music scene in LA.

His album “Saskamodie”, which was released in 2009, met with wide critical acclaim and has become a bestseller alongside Gonzales’ instrumental album “Solo Piano.”
He visited Japan for the first time in October 2015, and after performing at the Montreux Jazz Festival, he toured five major cities and enthralled Japanese audiences with his live performances.
He visited again in May 2016.
In November 2018, he released his latest album “A Day at United.”

http://mockyrecordings.com/